2019年12月5日木曜日

家庭倫理の会横浜西 令和2年度「会員大会ボーリング大会」開催 11月24日(日)

令和2年11月24日(日)会員大会 テーマは「つながる」を横浜駅近くのハマボール
で開催致しました。
お天気は良くて暖かい日となりました。

実行委員は本番に向けて委員会としての打ち合わせを重ね、全員でスタートしゴールしたように思います。
会員もゲストも大人も子供も参加してくださり30名以上で盛り上がりました。

楽しかったと言ってくださった言葉を励みにして家庭倫理の会横浜西も更に羽ばたいて
参ります。

ボーリング大会終了後は場所を移して表彰式&打ち上げを行いました。
笑顔の写真ご覧くださいませ。

あらっ! まずは仲野直実会長から・・・




































                          実行委員長 高橋美緒

2019年11月18日月曜日

緑区支部、中山試行会場スタート!!

11月17日(日)6時~
とうとう緑区に、おはよう倫理塾の会場(試行会場)が開設いたしました!
木村京子支部長の強い願いと実践を伴う信念で、こんなにも早い段階での試行会場スタートが実現いたしました。信念が未来を引き寄せた!?
これまでの沢山の方々のご協力と応援を心から感謝いたします。
これからもよろしくお願いいたします。
今回は木村支部長のご感想を投稿いたします!

感想
中山会場開きは11月17日朝6時より行われた。
まるで夢のような1時間だった。
会場が見つかるまで、どのくらい会員の方々にお世話になっただろうか。
どのくらい御墓所に足を運ばせていただいただろうか。
今はただ感謝だけ…
倫理を普及しご恩返しさせていただきます。
今後の実践に自分を磨いていきます。
本当にありがとうございました。
緑区支部長 木村京子

2019年11月17日日曜日

純粋倫理基礎講座②

11月15日(金)
純粋倫理基礎講座第2講が南幸自治会館で開催されました。
旭区支部の河村幸二さんの実践布告を聞かせていただきました。
夫婦で倫理実践に励み、ご病気を克服されたお話しでした。

講座は小林宜子専任研究員。
テーマは『苦難感の革新』。
苦難は「人をより善くし、より向上させるために起こる」と受け止める。
苦難は、生活の不自然さ、心のゆがみの映った危険信号であり、ここに幸福に入る門がある。と純粋倫理の苦難観について、分かり易く学ぶことができました。

2019年11月10日日曜日

子育てセミナー

『11月9日(土)、南幸自治会館にて子育てセミナーを開催しました。テーマは「子供とスマートフォンの上手な付き合い方」。参加者は9名で、高須静香講師にお話いただきました。

子供は何かにつながっていないと不安で、親に認められたり褒められたりする事で守られている安心感を感じるのだそうです。
また、コミュニケーション不足など依存症にならざるを得ない何かがあるので、家族間の会話やスキンシップなど家族の絆を作る事が大事とのこと。
子供に厳しくしている一方で、親がスマホ依存になっていたら家庭も家族も変わらない。親と子はひとつながり。家族の間で「○時〜○時、○時以降はスマホを使わない」など決め事を作り、子供だけでなく親も一緒に生活を改めていかない限り、子供を色々な危険から守る事はできないとのことでした。』

2019年10月28日月曜日

おはよう倫理塾 本村会場



10月27日、日曜日、本村会場にて、緑区、旭区合同のおはよう倫理塾が、開催されました。講師含め16名の参加でした。講師は、前日の万人幸福の栞の勉強会の講師もしていただいた、生涯局、栗原光枝講師に講話していただきました。
栗原講師ご自身の体験から、何故この人と一緒になったのだろう?という問いかけから始まり、紐解いて夫婦の事からお話しいただきました。
夫婦が、心ひとつになり、合わせる、寄り添う実践する事により、この人に逢えて良かったと本音を出していく、例えば、けんかをしても、新しいものが生まれると捉える。
そして、今日、生かされている事に感謝して精一杯生きることです。と結ばれました。

終了後に、沢山の笑顔に満たされた座談会をすることができました。

 #座談会 #倫理塾 #夫婦 

2019年9月24日火曜日

令和2年度 純粋倫理基礎講座 第1講

9月21日(土)県民センターにて名倉芳恵生涯局講師をお迎えし、令和2年度純粋倫理基礎講座第1講が参加者23名で開催されました。


旭区支部の野中徹さんから、倫理の縁でご結婚された奥様との間で、若い頃は倫理の刃で切り合うこともあったが、病気をきっかけに夫婦愛和を実践されているとの実践報告がありました。

名倉講師からは、創始者の生涯を(1)生誕~教員時代(2)広島文理科大学~獄中体験(3)倫理運動~臨終までを教えて頂きました。創始者の生き方を学ぶのではなく、生き方から何を学ぶかが大切であることを学ばせて頂きました。

令和2年度 神奈川県 家庭倫理の会 辞令交付式

9月14日(土)県民共済みらいホールにて神奈川県家庭倫理の会辞令交付式が開催されました。


辞令交付式に続いて、生涯局普及開発部 中島康弘講師より、令和2年度生涯局活動方針についての研修が行われました。

丸山敏秋理事長は、毎年、事業方針の作成にかなり時間をかけていらっしゃるとの話でした。
倫理を長く学んでいらっしゃる方でも、正しく理解されていない方がいらっしゃるとのことです。明朗な心とは、夫婦、上司部下などの間での問題を我慢することではなく、素直に話し合い、自分が間違っていることに気づけば、謝って行いを正すこと。など改めて考え直させて頂きました。